結婚・妊娠を機に辞めた看護師

30代・女性  小児科病棟8年

看護師になってからずっと小児科に勤務していました。
希望を聞いてくれる病院だったので、子供が好きな私は小児科を希望しました。
大変な仕事でしたがやりがいがあり、誇りのもてる仕事です。

寿退社

勤めてから約8年で妊娠と結婚を期に退職しました。
産休をとって復職することも考えましたが、ゆっくり子育てしたかったので退職の形にしました。
妊娠をしていなくて、結婚をしただけだったら続けていたと思います。

看護師を辞めて節約生活

主人の収入がある程度あるので、今の生活に困ってはいませんが、
看護師として働き続けていればもっと楽な生活が出来るかと思います。
男性に引けをとらないぐらいの収入がありましたので、もったいないような感じはあります。
現在は専業主婦なので看護師をしていたときよりかなり節約に励んでいます。

今後は子育てしながらパートで・・・

今の所すぐに復職する気はありませんが、子育てがひと段落すれば復職するつもりです。
簡単に復職できるとは思っていませんが、出来れば個人病院の小児科に行きたいと思います。
子育てに支障のない程度にパートで、看護師を続けていきたいと思っています。
個人病院なら夜勤や三交代などもありませんし、同じような環境の同僚もいると考えるからです。
気分的には早く復職して働きたいです。

できるなら退職より転職


看護師の仕事は辞めてしまうともったいないと思います。
せっかくの資格ですし、需要もあります。
例えばこの看護師向けの転職サイトランキングによれば、看護師不足は今後10年単位で続き、年収も上がっていくであろうとの見解が書かれています。それに伴い看護師専門の転職サイトが数多く作られているため、転職サポートも手厚く受けられるそうです。
ハローワークでコツコツ転職活動する時代は終わりました。転職サイトのエージェントと一緒に求人を探すことで、より待遇の良い病院に勤務できるため、看護師を続けながら自分に合った病院を選ぶのが最適ではないでしょうか。
また結婚や子育てをしながらでも働くことも出来るので、私自身は退職しましたが、今考えるとやめないで休職か産休にしておけばよかったかもと思います。
人間関係が嫌でやめるなら、退職せずに、転職し働く場所を変えることをお勧めします。
どこの病院に行っても大変ですがやりがいがあり、誇れる仕事だと思うのでやめて一回休憩するのも良いと思いますし、
環境を変えるのも一つの方法だと思います。

▲ページトップに戻る